NoisyCellの「ヒューマニズム」を紹介します。

NoisyCellは2007年に結成された日本のロックバンドです。
2014年にメジャーデビューしましたが、現在は無所属で活動しているようです。
音楽性としてはポップなロックを主体としながら、エレクトロやスクリーモなどの要素を含んだ楽曲もあります。
YouTubeのチャンネルではアコースティックカバーを公開したり、ライブでラジオ配信をしたりしています。








「ヒューマニズム」は2019年発売のミニアルバム『FOCUS』に収録された楽曲です。
”圧倒的、独創的、天才的かつ客観的~”のフレーズがとても印象的で、聴けば聴くほどはまっていきます。
アニメ「ばらかもん」のエンディング曲でこのバンドを知ったのですが、その時はONE OK ROCKのフォロワーという印象でしかありませんでした。ですが、この曲に出会ってこのバンドのすごさを知りました。
ほかの曲もいい曲なので聴いてみてください。